生活支援体制整備事業と生活支援コーディネーター

生活支援体制整備事業とは?

団塊の世代が75歳以上となる令和6(2025)年に向け、介護が必要な状態になっても住み慣れた地域で暮らし続けることができるようにするため、介護だけではなく、医療や予防、生活支援、住まいを包括的に提供する地域包括ケアシステムの構築が重要な課題となっています。
生活支援体制整備事業は、高齢者を支える地域の支え合いの体制づくりを推進していくための事業です。


厚生労働省HPより

生活支援体制整備事業では、「協議体(市や地区ごとの協議会)」の設置や「生活支援コーディネーター(地域支え合い推進員)」等を通じて、互助を基本とした生活支援等サービスが創出されるよう取組を進めます。

協議体とは?

定期的な情報共有及び連携強化の場として、中核となるネットワークが「協議体」です。協議体は、8行政地区を単位に結成をめざし、結成後は、支え合い活動づくりを展開します。

協議体の役割・活動とは?

高砂市介護予防生活支援体制整備協議会(第1層協議体)*以下「協議会」

  1. 第1層の協議会の役割・活動
    • 市全域でのサービス開発
    • 住民によるサービス提供主体への活動支援
    • 行政からの情報提供や意見交換の促進
    • 市の協議会の状況(PDF)
  2. 第2層の協議会の役割・活動
    • 生活支援サービスについてのニーズ把握
    • 地区の活動団体・社会資源の把握
    • 地区に必要なサービスや活動(社会参加・活動の場・居場所等)の開発
    • 地域への情報提供と利用者のサービスへの結び付け
    • サービス提供主体・地域の諸団体、居宅介護支援・介護サービス事業所間の日常的な連携・協働の促進
    • 市内の地区協議会の状況(PDF)

市協議会の活動

市協議会の活動はこちら(PDF)

地区協議会の活動

地区協議会の活動はこちら(PDF)

地区協議会の支え合いニュース

地区協議会の支え合いニュースはこちら

生活支援コーディネーターってなに?

高齢者の生活支援等サービスの体制整備を推進していくことを目的とし、地域において、生活支援等サービスの提供体制の構築に向けたコーディネート機能(主に資源開発やネットワーク構築の機能)を果たす者を言います。

①生活支援コーディネーターの役割等

第1層 全市域対象の生活支援の担い手の養成、サービスの開発
全市域対象の関係者のネットワーク化
第2層 地区対象の生活支援の担い手の養成、サービスの開発
地区対象の関係者のネットワーク化
地区対象のニーズとサービスのマッチング

*第2層生活支援コーディネーターはまだ決まっていません。第1層生活支援コーディネーターが兼務しています。

地域包括ケアシステムを有効に機能させるためには、高齢者の社会参加と介護予防さらに生活支援サービスが一体的に取り組まれることが重要です。支え合いの関係性づくりが生活支援体制整備事業といえます。

介護予防のための講座・施設一覧

令和元年版 介護予防のための講座・施設一覧(PDF)

生活支援サービス一覧

  1. 生活お助け表紙・目次(高砂地区)(PDF)
  2. 生活お助け帳
  3. 利用方法・裏表紙

注意事項

この高砂地区お助け帳は平成30年7月に作成し、今後の更新・作成予定はございません。
現在、お助け帳利用者の対応を行っていない事業者もあるかと思いますので、ご利用の際は事業者と利用条件についてあらかじめ確認をお願い致します。

ページの先頭へ